学会について

ひとりの夢が未来をつくる

我々の使命は、困難かつ切実な社会課題をこれまでにない革新的な手法で解決することを通じて、より持続的で幸福な未来を創造することにあります。

学会は、研究と実践の刺激的で充実した交流から、新しいアイデアや人と人のつながりを創発していく場にしたいと考えています。

 同志社大学大学院総合政策科学研究科では、2006年にソーシャル・イノベーションコースを開設し、ソーシャル・イノベーションの教育・研究に孜孜努めてまいりました。同コースも10年の節目を過ぎ、一昨年には世界的な社会起業家でありノーベル平和賞受賞者(2006年)のムハマド・ユヌス博士をお招きして、創立10周年を祝いました。SIコース修了生も100名を越え、その多くが修了後も社会貢献活動に従事しています。
 そこで、われわれは、このような教育・研究と人的資源を基盤として、ソーシャル・イノベーションの教育・研究を百尺竿頭さらに一歩を進めるべく、ソーシャル・イノベーションの実践や研究に携わっておられるより多くの方々と交流し協働できる場を設けたいと考え、日本ソーシャル・イノベーション学会を設立ことになりました。本学会には、ソーシャル・イノベーションに関わる幅広い人々にご参画いただきたく考えております。日本ソーシャル・イノベーション学会にご入会されると、大会をはじめとする学会の各種行事への参加、学会紀要への投稿が可能となります。