セミナー

セミナー一覧

【日本ソーシャル・イノベーション学会編集委員会・連続ワークショップ】

2021.09.10

当学会では、学術誌「ソーシャル・イノベーション研究」(略称:JSIR)の編集・発行に取り組んでいます。
2020年度に理事を中心とした執筆陣により創刊号を発行し、2021年度以降は広く会員の方々からの投稿により、日本におけるソーシャル・イノベーション研究の実践と研究の地平が拓かれることを期待しています。

このたび、新たな編集委員会の体制のもと、学術論文の投稿にご関心のある会員の方を対象に「論文執筆ことはじめワークショップ」を連続して実施させていただくことといたしました。
原著論文、研究ノート、活動報告、書評など、査読付の学術誌への投稿にあたってのカテゴリーの違いを理解いただきつつ、今後の論文執筆・投稿に向けての準備の機会としていただければと願っています。

第1回目は、どのようにしてリサーチ・クエスチョンを掘り下げ、研究を通じて見出した知見を言葉にしていくのか、以下の論文(活動報告)をもとに紐解きます。広い意味でこれまでとこれからのご自身の研究デザインの機会となれば幸いです。

山口 洋典(2008)「研究フィールド×理論」が紡ぎだすもの : 「脱 ボランティア日記」化のためのフィールドレポート. 同志社政策科学研究10(2): 205-207。

■ 同志社大学学術リポジトリURL(別のページに移動します)

なお、この連続ワークショップは、広島修道大学の西村仁志先生のご理解・ご協力をいただき、2021年度の年次大会と連動して展開して参ります。

第2回のワークショップでは、10月に開催予定の年次大会のエクスカーションと関連づけ、現場メモ・フィールドノーツをエスノグラフィーとして論文にする、という実践的な課題に取り組む予定です。

ワークショップは参加は無料・入退室自由ですが、以下のURLから事前登録をいただき、前掲の論文をお読みの上でご参加いただきますようお願い申しあげます。

日時:2021年9月18日(土)13:30〜15:00(終了後、16時までを目処として個別相談を受け付ける予定です)
対象:日本ソーシャル・イノベーション学会会員、「ソーシャル・イノベーション研究」に投稿をお考えの方
内容:前掲の論文(山口, 2008)を読んでの感想交流・意見交換と、「ソーシャル・イノベーション研究」編集委員による学術論文の投稿へのポイントの解説。
参加方法:以下のURLから事前登録をお願いします。(参加情報に加えて、事前質問・コメント受付用のメールアドレスが送信されます。)

■ 事前登録URL(別のページに移動します)

<その他>
(1)当日のレコーディング、またアーカイブ配信等は行いません。
(2)Zoomの参加者名はご自由に設定いただいて差し支えありません(実名でなくても構いません)し、ご発言をいただかない「聞くだけ参加」なども歓迎です。
(3)ディスカッションの内容は、発言者の所属・名前等について慎重に取り扱いつつ、「ソーシャル・イノベーション研究」などにおいて編集委員会の活動記録として紹介する予定です。
(4)「ソーシャル・イノベーション研究」の投稿は日本ソーシャル・イノベーション学会の会員である必要があります。

【参加者募集】8/30(日) オンライン連続セミナー:コロナ禍を経験して(第3回)

2020.07.09

■□第3回「未来につながる再エネと温かなつながりの輪を広げるには」ー困ったときはお互いさまの精神での取り組みー

◆日時:2020年8月30日(日)14:00~15:30

▸ゲストスピーカー(話題提供者):竹本了悟さん(TERA Energy 株式会社代表取締役)

"お坊さん4人で起業したTERA Energ株式会社とは”
『生きづらさを生む社会の仕組みを少しでも変えたい』『温かなつながりを育み、世の中を照らせる会社になりたい。』そんな思いで僧侶4人が立ち上げた会社です。エネルギー問題を自分ごとに捉え、新しい経済の流れを生み出し、人と人のつながりづくりに寄与していきたい考えています。

▸コメンテーター:服部崇さん(京都大学経済研究所 先端政策分析研究センター 准教授)
▸ファシリテーター:新堀春輔さん(地球・環境共育事務所Earth-PAL 代表/同志社大学大学院総合政策科学研究科ソーシャル・イノベーションコース博士後期課程)

いま、私たちの社会は“コロナ禍”という事態に見舞われ、いたるところで「分断」が広がっています。そうした中で、特に人と人との結びつきやつながりが失われ、社会から孤立する人々の存在も顕在化してきました。

電力小売自由化から4年、私たちは自分の意思で自由に電力会社を選べるようになり、電力小売事業への参入会社は増えつつあります。昨年、京都でお寺の僧侶の方々を中心とした新しくユニークな電力会社が生まれました。未来のために再エネを広げ、電気代の一部をソーシャルグッドな団体や事業へ寄付を行う、温かなつながりを育み、広げる仕組みで事業を展開されています。

電力はすべての人にとっての基本インフラ。コロナ禍においても皆が必要とする電力を通じて、未来につながる再エネと温かなつながりの輪を広げる、「困ったときはお互い様」の精神、そして「売り手よし、買い手よし、世間よし、未来よし」の精神について一緒に考えてみましょう。

=====================

◎主催:日本ソーシャル・イノベーション学会大会実行委員会
◎共催:同志社大学人文科学研究所第5研究

◆参加費:無料
◆定員:30名程度

◆開催方法:オンラインにて開催 本セミナーは「zoom」という無料のオンライン会議システムを利用して行います。 ご自宅やオフィスから受講可能です。(事前にアプリのダウンロードが必要となります。)

◆お申込みはこちら:https://siopenseminar3.peatix.com/


【参加者募集】7/26(日) オンライン連続セミナー:コロナ禍を経験して(第2回)

2020.07.09

■□【第2回】「場づくりの危機にどう対処するのか」ーwithコロナ時代の新しい出会いの場、居場所づくりの在り方ー

◆日時:2020年7月26日(日)14:00~15:30

▸ファシリテータ:小辻寿規さん(立命館大学 准教授)
▸話題提供者:狭間明日実さん・他(バザールカフェ)

いま、私たちの社会は“コロナ禍”という事態に見舞われ、いたるところで「分断」が広がっています。そうした中で、特に人と人との結びつきやつながりが失われ、社会から孤立する人々の存在も顕在化してきました。

京都市の烏丸今出川で日頃から外国人、障害をもつ人、人をなかなか信じられない人、何らかの理由でその日の調子が良くない人等様々な人たちの居場所を提供してこられたバザールカフェ。今回は“コロナ禍”において食堂と喫茶は休業しながらも場を開き、対面し、居場所を守ってこられたバザールカフェの取り組みや成果を通して、一人一人に寄り添うということを一緒に考えてみたいと思います。

【バザールカフェとは?】

1998年、バザールカフェは日本基督教団京都教区とアーティスト、市民運動家、大学教員、宣教師、牧師などで構成されたバザールカフェプロジェクトとの共同プロジェクトとして始まりました。バザールカフェが目指すのは、セクシュアリティ、年齢、国籍など、異なった現実に生きている人々がありのままの姿で受け入れられ、それぞれの価値観が尊重され、社会の中で共に生きる存在であることを相互に理解し合う場の創出。カフェ運営や庭づくりを通して、滞日外国人や体力的な問題など、様々な事情で就労の機会を得にくい人たちに、働く場を提供すること。同時に社会で起こっている課題や、情報提供、活動団体間のネットワーク創りの場としても機能することです。
http://www.bazaarcafe.org/

=====================

◎主催:日本ソーシャル・イノベーション学会大会実行委員会
◎共催:同志社大学人文科学研究所第5研究

◆参加費:無料
◆定員:30名程度

◆開催方法:オンラインにて開催
本セミナーは「zoom」という無料のオンライン会議システムを利用して行います。 ご自宅やオフィスから受講可能です。(事前にアプリのダウンロードが必要となります。)

◆お申込みはコチラ

 

【参加者募集】6/28(日) オンライン連続セミナー:コロナ禍を経験して(第1回)

2020.06.15

年次大会まで毎月実施する対話型の連続セミナーのご案内です。

今、起きている事例から、これからのwithコロナ、afterコロナの社会に求められるコト、しくみについて意見を交わしたいと思います。

第1回「見過ごされてきた社会的孤立をどう克服するのか~産後母親のつながり支援を通じて~」

▸ファシリテータ:森雄二郎(聖泉大学)
▸話題提供者:城間美貴・黒濱綾子・田中美賀子(オンラインまちの赤ちゃん保健室・事務局)

いま、私たちの社会は“コロナ禍”という事態に見舞われ、いたるところで「分断」が広がっています。そうした中で、特に人と人との結びつきやつながりが失われ、社会から孤立する人々の存在も顕在化してきました。

今回は、日頃から母親のサポートをしている専門家チームによる『オンラインまちの赤ちゃん保健室』の取組みの成果と課題を通して、これからのwithコロナ時代における新たな結びつきやつながり方について一緒に考えてみたいと思っています。

◎主催:日本ソーシャル・イノベーション学会大会実行委員会
◎共催:同志社大学人文科学研究所第5研究

◆日時:2020年6月28日(日)14:00~15:30
◆参加費:無料
◆定員:30名程度
◆開催方法:オンラインにて開催 本セミナーは「zoom」という無料のオンライン会議システムを利用して行います。 ご自宅やオフィスから受講可能です。(事前にアプリのダウンロードが必要となります。)

◆申し込み:受付は終了しました

==================

【オンラインまちの赤ちゃん保健室とは?】

新型コロナウイルス感染症とそれにともなう外出自粛要請により、多くのママと赤ちゃんが地域とのつながりを失っています。 日頃からママたちをサポートしてきた専門家がチームを組んで、お家で過ごすママたちのために、いつでも相談できる窓口をつくりました。
https://onlineneuvola.wixsite.com/online--machiaka/blank-3

==================

◎お問合せ: 2020大会実行委員会 jssi2020taikai@gmail.com

【急募】 5/17(日)オンライン模擬セミナー参加者募集のお知らせ

2020.05.07

新型コロナウィルスの感染拡大により、多くの大学での授業もオンラインに切り替わっておりますが、当学会としましても年次大会(11月1日)に向けてあらゆる事態を想定しながら準備を進めているところです。

つきましては、急なご案内となりますが、5/17(日)にオンラインにて60分間の模擬セミナーを開催することになりましたので、参加者を募集いたします。

今回の模擬セミナーでは、大会のオンライン開催をひとつの選択肢として検討する上で、いかに効果的に皆さまとの意見交流や議論を深めることができるかを実験的に取り組んでみたいと思っております。開催日程も近づいていておりますが、ぜひともご協力よろしくお願い致します。

 

◆日時:2020年5月17日(日)14:00~15:00

◆タイトル:「基礎からのイノベーション」(60分)

◆講師:品川啓介(立命館大学大学院テクノロジーマネジメント研究科 教授)

http://www.ritsumei.ac.jp/mot/voice/article.html/?id=9

◆定員:30名(申し込み先着順)  

◆開催方法:オンラインにて開催

本セミナーは「zoom」という無料のオンライン会議システムを利用して行います。 ご自宅やオフィスから受講可能です。(事前にアプリのダウンロードが必要となります。)  

◆参加費:
*日本ソーシャル・イノベーション学会 会員:無料

(申し込み人数が定員に満たない場合のみ、会員以外の方も無料でご参加いただけます)  

※定員に達したため受付を締め切らせていただきました

冬季セミナー in 福知山

2020.02.19

詳細・申し込みはこちら(Peatixへ)

日本ソーシャル・イノベーション学会 夏季セミナー

2019.09.21

詳しくはこちらからご確認ください。

日本ソーシャル・イノベーション学会 春季セミナー 開催報告

2019.05.22

2019年5月18日開催の日本ソーシャル・イノベーション学会 春季セミナーは、多くの方々にご参加いただき無事終了しました。

今後の年次大会 / セミナー予定はここからご確認ください。